免疫療法の種類
免疫細胞による免疫療法

免疫療法のなかでも最もポピュラーな方法とされているのが免疫細胞による免疫療法である免疫細胞療法です。この免疫細胞療法とは、体内にあるリンパ球を一旦体外に取り出し、されを培養活性化させ再び体内へと戻すという免疫療法です。

この手法は病院やがんセンターなどでも呼び方が違っていますので、活性リンパ球治療法や活性化NK細胞療法などと呼ばれることもあります。

この手法が一般的に多く用いられるのは、単独である場合でもガン細胞への攻撃力が強力である為、高い治療効果が望まれるからだと言われています。

前途で紹介した活性リンパ球治療法と活性化NK細胞療法では治療手段や手順に若干の違いがありますが、本来の目的であるガン細胞を攻撃し壊滅させるという目的は同じであり、一般的な目線でみると効果に大きな違いはありませんがリンパ球治療法の方が実績的にも多く活用されているようです。

この免疫細胞療法の最大のメリットとされているのが、なによりも自分自身の細胞を活用することで副作用の心配が少ないということでしょう。さらに最新の技術を用いた治療が行われる為、より効果に期待が持てると言えます。

反面デメリットとして挙げられているのが、取りだしたリンパ球の活性化が一定レベルで行える技術が完全に確立されていないということでしょう。この治療の要点は取りだしたリンパ球をどれだけ活性化させ、さらには細胞能力をどれくらいまで引き上げることができるかという点に掛かっているようです。