免疫療法の種類
ワクチンによる免疫療法

1970年代頃に丸山ワクチンやハスミワクチンというのが世間一般に知られるようになり、ガン治療にとって大きな一歩になったことは間違いないでしょう。その後ワクチンの研究は進み現在ではペプチドワクチンや腫瘍抗原ワクチンなど最新のワクチン治療が行われるようになっています。

ペプチドワクチンのペプチドとはガン細胞を特定する時の目印のことでガン抗原と呼ばれるものです。人工的に生成したペプチドワクチンを患者さんの体内に投与することで、体内にある免疫細胞がガン抗原を特定することが可能になり、ガン細胞を集中して攻撃してくれます。ペプチドワクチンが人工的に生成するのに対して腫瘍抗原ワクチンとは患者さんの体内から取り出した腫瘍を元にワクチンを生成するという方法で、取りだしたワクチン自体にサイトカインなどを加え、より強力な攻撃力を備えさせた上で再度患者さんの体内へと戻すという方法です。このように自身の体内に存在していた腫瘍を用いることで腫瘍抗原ワクチンは効果の大きい治療法として期待ができます。

ワクチン免疫療法のメリットとして、自身の体内に存在している部位からワクチンを作り出すますので、体内に戻した時の定着率や安全面からみても非常に優れた治療法だと言えます。しかし、デメリットとして言えるのがペプチドワクチンも腫瘍抗原ワクチンにしても未だ臨床試験段階の治療法であり確立されたガン治療ではないということです。

さらに患者さんの腫瘍が必要になりますので、腫瘍の摘出が可能であるかという問題もあります。