免疫療法の種類
抗体を用いた免疫療法

特定のガン抗原に対してだけ反応する抗体を作成し、患者さんに投与する治療法が抗原免疫療法です。本来免疫細胞は、身体に害があると判断したものに対して抗体が攻撃をしかけることで身体を守る役割を担っています。しかしウイルスや細菌のように体外から侵入してくる外敵と違い、ガン細胞などは体内で生成されますので、抗体が敵と判断しない場合があります。そのような場合に人工的に生成された抗体を患者さんに投与することで、ガン細胞を的確に攻撃してガン細胞をやっつけてくれるという訳です。

この抗体免疫療法は抗体作成技術の目覚ましい進歩により頭角を現してきた最新のガン免疫療法の1つです。

特に抗体を用いる免疫療法として有名なのが乳がんの治療です。この際に用いられるハーセプチンという薬剤があるのですが、この薬剤はモノクローナル抗体の一種なのです。乳がん以外にも抗体を用いた免疫療法は研究が続けられており、様々な病気に効果的な抗体が次々に開発されていますので、近い将来、抗体を用いた免疫療法が幅広い医療現場で採用されることになりそうです。

抗体免疫療法のメリットとしては、乳がんをはじめ白血病や悪性リンパ腫など、これまで治療が難しいとされてきた病気に対しても抗体免疫療法の高い効果が期待されています。

その反面デメリットとして、まだまだ新しい治療法ですので、抗体の効果が完全に保証できるものではありません。抗体が合うガン細胞には強力な効果が期待できますが、抗体が合わないガン細胞に関してはそのまま残ることになります。

不正出血 菊芋の効能