免疫療法はどんな病気に効果があるの
アレルギーに対する免疫療法

アレルギーに対して免疫療法を用いる治療があります。治療法としては、アレルゲンワクチンを患者の体内に徐々に取り入れて患者がアレルギーに対する免疫をつけていくという方法です。アレルゲンワクチンを使用することからアレルゲン療法という呼ばれ方をする場合もあります。

注射器をもちいてワクチンを体内に取り入れていく方法が一般的なのですが、近年では様々な研究がなされており、舌下療法という新しい治療法が脚光を浴びています。

このアレルゲン療法ではアレルギー疾患の代表ともいれる花粉症の改善やアトピー性皮膚炎などのアレルギーに対しても効果的に行えるそうです。

この療法を用いることで注目されているのが喘息への対応です。喘息に効果的な治療法が確立されることで多くの喘息で苦しむ子供を救う事が可能になります。

しかし、日本におけるアレルゲン療法はアメリカやヨーロッパなどの諸外国に比べ大きく出遅れているというのが現状であり、質の高いアレルゲンワクチンはほとんどが保険の適応外である外国製に頼っているのが現状です。

日本国内においてアレルゲン療法の第一人者とされているのが、30年にも渡りアメリカでアレルギーの専門医として活躍されてきた久我山病院の長屋医師です。より質の高いアレルゲン治療を望むのであれば長屋医師を頼ってみるのも1つの方法だと言えます。

喘息で苦しむ子供の為にも、今後、日本国内においてもアレルゲン療法の研究が進み身近な病院やクリニックなどで質の高い治療が受けられるようになることを切実に願っています。